研究費研究活動に関する

 研究費関係

  

1.平成27年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金)基盤研究(C研究課題番号:15K00893 2015.42017.3 ポーションコントロールプレートを活用した教育効果の評価及び普及に関する研究

現在進行形

 

2.学術研究助成基金助成金 基盤研究(C研究課題番号:23500825 2011.42013.3 ヘルシープレートを活用した簡単カーボコントロール 法の有用性の検証

研究代表者/研究分担者:研究代表者 山内惠子 研究分担者 坂根直樹 

研究経費(直接経費):5,000,000円 

研究成果 本研究では、肥満、かつ2型糖尿病患者に対する簡単で効果的な炭水化物コントロール法を確立し、その教材として考案したヘルシープレートの信頼性、妥当性を検証し、3年間の教室介入での改善効果を明らかにした。

 

3.科学研究補助金 萌芽研究 研究課題番号:16659602 2004.4~2005.3

研究課題名 糖尿病患者における「笑い」の生理的および心理的効果に関する研究

 

研究代表者/研究分担者 研究代表者 林啓子 研究分担者 山内惠子 他

研究経費(直接経費)  3,000,000円 

研究成果  本研究では「笑い」が2型糖尿病患者の血糖コントロールに及ぼす影響を明らかにするために、漫才や落語で笑った前後における血糖値の変化(短期効果)と日々の生活の中で笑う機会を増やすことで高血糖状態が改善されるかどうか(長期効果)2本立ての研究計画を立て実施した。「笑い」を指導内容に加えた糖尿病教育プログラムは血糖値の改善に効果があることが示唆された。

 

4.科学研究補助金 基盤研究(B) 研究課題番号:1739057 2005.4~2006.3

 

研究課題名 笑いを誘発するVTRを用いた糖尿病患者への 「笑い療法」プログラムの開発

研究代表者/研究分担者 研究代表者 林啓子 研究分担者 山内惠子 他

研究経費(直接経費)  15,700,000

研究成果  本研究の目的は笑う表情を作る顔面筋や顔面の神経群を刺激するトレーニング法(笑み筋体操)VTRを制作し、その心身に及ぼす効果を検証し、笑いによる健康教育プログラム(笑い療法プログラム)を構築した。

 

5. 科学研究費助成事業以外の研究費

 

名称  国保ヘルスアップモデル事業 

期間(年度)2007年度

研究題名 食と笑いを取り入れたメタボリックシンドローム予備群におけるヘルスアップ事業

研究代表者 山内惠子

研究経費(直接経費)  3,000,000

研究成果 本研究の目的は、メタボリックシンドローム改善教室に、食事体験型プログラムと、前向き感情を育て、行動変容を支援することを目的に笑いのワークを実施し、介入効果や心理的な変化についての分析を行った。よく笑った群に不安の軽減が認められ腹囲や血圧の有意な改善も得られ笑いや、イメージによる前向き感情と行動変容の関係を示した。

 

6.科学研究費助成事業以外の研究費

 

名称  国保ヘルスアップモデル事業 

 

期間(年度)2008年度

研究題名 特定保健指導に向けて地域の資源を活用したヘルスアップ事業の構築

研究代表者 山内惠子

研究経費(直接経費)  8,000,000

研究成果 本研究は、特定保健指導における積極的支援を、より有効なものとするための工夫、および受講生の自己成長を促し、サポーター誕生までの支援を行うことを目的とした。「食べて・みて・感じて」の体験に重きを置き、行動変容に支援した結果、1年後、2年後においても改善効果が持続し、20名のサポートチームが誕生した。

 

 

特許に関するもの

1.ヘルシープレート(意匠登録)/2013.12.25/意匠2013-23619

 

2.カロリー及び炭水化物摂取量調整食器及びその使用法(特許)/2013.5.13/特許2013137637

 

3.ヘルシープレート®(商標登録)/2010.5.13/商標201081374

 

4.身長別適正熱量単位表、1日適正熱量記入表及び適正熱量摂取表(特許)/2008/特許2008-508023754